日本引越センター 梱包

梱包に関するノウハウ

 

 

ダンボールに情報を書き込むということがあります。

 

まず、ダンボールの中に入っている物を書きます。

 

次に、引越し先のどの場所で使う(置く)かを書きます。

 

そうすることで、業者さんもどこに置けばいいかわかりやすくなります。

 

また、棚などに収納するものであればその棚を指定しておくと更にわかり易くなるでしょう。

 

次にコツとしては、部屋の奥から設置していくことが重要になります。

 

引っ越したばっかりでは物が多くて何からはじめれば良いか迷います。

 

そんな時は部屋の奥(入り口から遠いところ)やクローゼット・押入れなどから置く物を決めていくとやりやすいです。

 

コツの2つ目としては、寝るスペースは確保しておくことです。

 

物が多い場合などは1日で片付けが終わらない場合があります。

 

なので、そういった場合に対応するためにも寝れるだけのスペースは確保して置いてください。

 

すべてを業者に任せての引っ越しをした感じではなかったので、これといったノウハウはありませんが、スッキリ梱包が出来ても、そこに何が入っているとか、どこで使うものだったかということを詰めた箱に書いておくといいなと思いました。(当時そうやった記憶がなかったので)

 

使う場所によって梱包するといいなということが実感です。

 

物が多いと、それなりに梱包の数も多くなりますし、中味を出したあとの、梱包物の処理も
大変ですよね。引っ越しをいい機会に、処分するといいかもしれません。

 

引っ越し前の梱包でも、ある程度はまとめてあると、業者さんも頼んだ側もスムーズにいくのではないでしょうか。

 

洋服など、虫の付きやすいものなどは、いっしょに防虫剤などを挟んでおいたりするといいかもしれませんね。(引っ越し先ですぐに処理できない場合を考えてのことですが)

関連ページ

お勧めの引っ越し地域
日本引越センター利用者に住みやすい地域をお聞きしました。引越し先が決まっていない方にはオススメの内容です。
突然の単身赴任(日本引越センター利用感想)
日本引越センターで見積り〜引越しを一通り頼んだ方の体験談です。各工程で感じたことを包み隠さず語って頂きました。
すべては断捨離から
日本引越センターで契約をしたらやっておくべき断捨離のアドバイスです。荷物をスッキリさせて引越し当日に挑めるコツが詰まっております。
引越し見積り
日本引越センターで見積りを取る際のポイントをご紹介します。これをやるだけで金額ががくっと下がることも!?お得な引越しをお求めの方にお勧めです。
物件探し
日本引越センターで引っ越す前にまだ物件が決まっていない方へ。物件を効率良く見つけるノウハウをまとめました。探しやすい時期や知っておくとお得な裏技を大公開!
ノウハウ色々
日本引越センターのノウハウ記事を一挙掲載。意外に気づかないポイントが盛り沢山ですので引越し前〜引越し中の方は是非ご参考にしてくださいね。